脂肪肝対策サプリメントについて

脂肪肝を気にするなら、日頃の食生活を見直す必要があります。

アルコールを好む方は飲酒を控える必要がありますし、アルコールを飲まない方は、高カロリーの食事を避け、和食を中心とした栄養バランスの良い食事を心がけます。

とはいえ、毎日の食事で健康を考えた食事を摂るのは意外と難しいのが実情です。仕事の付き合いや、残業などによる不規則な時間での食事は、ついカロリーオーバーになりがちです。

最近では、脂肪肝の対策サプリメントなどもたくさん出ているので、毎日の食事管理などが難しい方はそうしたものに頼るのも一つの方法です。

脂肪肝に効果のあるサプリメント

サプリメントの中でも、脂肪肝に効果的な成分として、多くのメーカーが採用しているものに、オルニチンとタウリンがあります。どちらも肝機能を高める作用が期待できる成分です。

オルニチンは、しじみやしめじ、だだ茶豆などにも多く含まれる栄養分で、肝臓での解毒作用を高める働きをします。

タウリンは、カキなどに多く含まれる成分で、オルニチン同様、肝臓での解毒作用を促す作用のほかに、肝臓に蓄積している中性脂肪を分解したり、コレステロール値を正常に戻したりもするので、脂肪肝をはじめとする生活習慣病に有益な成分です。

そのほかの脂肪肝対策成分

オルニチンやタウリンなどのほかにも、脂肪肝の予防と改善に有益とされる成分はまだあります。

ゴマから抽出されるセサミンは、肝細胞の酸化防止に有益な成分と知られていますし、ウコンなどに含まれる成分でポリフェノールの一種、クルクミンは肝臓の働きを正常にする作用があると言われています。

このほかにも、オメガ3脂肪酸やサポニンなどが脂肪肝の対策に有益な成分としてサプリメントの商品として発売されています。このように、脂肪肝対策サプリメントと言っても、実にさまざまな成分があります。

サプリメントを選ぶ際は、このような成分情報をよく確認して選ぶことが大切です。また、脂肪肝対策と合わせて、生活習慣病予防や、美容の成分などが一緒になっているものなどもあるので、自分が必要とする成分がバランス良く配合されているものを選ぶことも可能です。

参考:オルニチンサプリの徹底比較ガイド!

脂肪肝のサプリメントで加齢臭も対策

脂肪肝は、脂肪やアルコールの摂りすぎで肝臓が弱っている状態です。一方で加齢臭は、汗や皮脂などからニオイがでるのですが、肝臓の機能が低下すると汗や便のにおいもきつくなってしまいます。肝臓は全身の代謝の作用があるので、代謝が落ちることで全体の酸化や老化が進むので加齢臭も強く発してしまいます。

また、加齢臭の原因は、「ノネナール」という物質なのですが、これは体の中で酸化反応が起こることで発生します。このノネナールが発生する過程に肝臓の機能が直接影響していませんが、肝臓の機能が低下することで間接的に加齢臭が強くなると考えられます。

肝臓のサプリメントを摂取すると、肝臓の機能を回復させることができるので肝臓を健康に保つイコール加齢臭対策になるともいえるのです。

参考:http://xooxt.com/karei.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする