脂肪肝の基礎知識を知って健康対策

現代人特有の病気とも言われる脂肪肝。肝臓に脂肪が付きすぎてしまった状態を脂肪肝と言い、具体的には、肝臓の30%以上が脂肪になってしまっている状態を指します。

肝臓では私たちのエネルギー源となる脂肪が常に作られ、肝臓の細胞にためています。ところが、このたまった脂肪が使われないと、次から次に脂肪は蓄積されてしまいます。これが脂肪肝となるわけです。

脂肪肝の症状は

残念ながら脂肪肝の自覚症状はほとんどありません。そのため、健康診断などによって発覚することが多く、発覚した時点にはすでに肝臓の機能が低下をしている状態です。

脂肪肝になりやすい人の特徴として挙げられるのは肥満体質(BMI25以上)ですが、なかにはBMI数値が低かったり、見た目は痩せていたりする方でも脂肪肝の場合があるので、肥満じゃないからと油断は禁物です。

脂肪肝の原因はいろいろ

脂肪肝の原因にはいろいろなものがあって、そのほとんどが日常の生活習慣に関係しています。例えば、飲酒や肥満、コレステロールを多く含む食事などが重なると肝臓に脂肪が付きやすくなります。

特にアルコールと脂肪肝の関係は深く、アルコールが直接的の原因で脂肪肝を患う場合には、アルコール性脂肪肝と診断されます。ビールの大瓶3本以上、もしくは、それに相当するアルコール量を毎日飲む方の多くに脂肪肝が見られています。

アルコールは肝臓で解毒をされますが、大量のアルコールを連日飲むことで、肝臓の解毒作用が低下してしまい、脂肪を蓄えやすくなってしまうことが、アルコール性脂肪肝につながっています。

また、アルコールが脂肪肝の原因でない場合には、非アルコール性脂肪肝と診断をされます。原因は糖尿病や肥満、脂質異常症などの生活習慣病の方に起こりやすいのが特徴です。

脂肪肝を放っておくと、脂肪肝炎から肝硬変、やがては肝がんへと進行をして最終的には死に至ることがあります。このため、検査結果などで脂肪肝が判明したら速やかに、普段の食生活の見直しをおこない肝臓のダイエットをする必要があります。

脂肪肝の種類と改善策

肝臓に必要以上の脂肪がたまっている場合に脂肪肝となります。原因は、飲酒や食べ過ぎ、運動不足などによるもので、まさに生活習慣病の代表とも言える疾患です。

脂肪肝になると、血管に脂肪がこびりついてしまう動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などのリスクが高まるほかに、肝機能の低下による肝硬変や肝がんなどのリスクも高まり最悪の場合、死に至るケースもある恐ろしい病気です。

アルコール性脂肪肝とは

さきほど、脂肪肝の原因は飲酒や食べ過ぎなどとお伝えしましたが、脂肪肝は主にアルコールが原因の場合と、そうでないものが原因の場合の2つに区分されます。

飲酒が原因の場合には、アルコール性脂肪肝といい、毎日大量のアルコールを摂取している方はこれにあたります(日本酒の場合なら3合以上)

毎日大量の飲酒をすることで、肝臓が炎症を起こし、肝細胞が突然破壊する壊死になってしまったり、肝機能が低下することで肝硬変の前段階になってしまったりするのが特徴です。

非アルコール性脂肪肝とは

一方、アルコールを一切飲まないのに脂肪肝になる場合には、非アルコール性脂肪肝と診断されます。近年増加している非アルコール性脂肪肝は、欧米スタイルの食事内容が多い方によく見られます。

また、たとえ和食中心の生活を心がけていたとしても、食べ過ぎにより脂肪肝になることもあります。以前の研究では、非アルコール性脂肪肝が進行をすることはほとんどないと言われていましたが、最近では、アルコールを飲む習慣がない方の脂肪肝であっても、肝炎や肝硬変などに進行をすることが分かってきました。

このように同じ脂肪肝でもその方の生活スタイルによって原因は異なります。アルコール性脂肪肝の方は、まずは禁酒をおこない、生活スタイルの見直しをすることが必要です。

非アルコール性脂肪肝の方は、食事内容の見直しをおこない、食べ過ぎないようにすることと、毎日の適度な運動が必要です。また、肝臓についた脂肪を燃焼しやすくするような脂肪肝対策サプリなども多く出ているので、そうしたものを上手に取り入れるのも得策です?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする