子供の身長を伸ばすには?やっぱり食事が大切か?

子どもの身長を伸ばすにはどうすればいいのか? 幼児の間は特に心配いりませんが、中学生ぐらいから身長が低いことが子どもにもプレッシャーになってきます。

身長が低いとなにより、運動やスポーツで不利になるのです。なぜならほとんどのスポーツが身長が高いほど有利になることが多いからです。身長が低くても問題ないのは体操ぐらいでしょうか?

サッカーなども身長が低くても活躍している人がいますが、俊敏性など特別な才能がない限りは背が高い方が有利になることはやはり多いのです。

身長を伸ばすにはどうすればいいのか?

では身長を伸ばすにはどうすればいいのでしょうか?今は身長が伸びる仕組みというのがほぼわかっているようです。身長に遺伝が関係するのは当然なんですが、遺伝だけで身長が決まるわけではありません。

しかし、遺伝である程度の身長は予想できます。それにプラスどれぐらい環境の影響で伸ばすことができるかが勝負です。食事を含めた周囲の環境というのは身長の伸びに大きく関係します。

身長と遺伝の影響
最終的な身長 = 遺伝での予測身長 + α

今の子どもはとても恵まれています。なぜなら、身長をどうやって伸ばすかがわかっているからです。私はもう成人しているので、身長を伸ばすことができません。成長期に身長を伸ばす方法について知っていたら絶対に実践していたのにとても残念です。

身長を伸ばすには

成長期に身長を伸ばすためには、食事、運動、睡眠が大切だということがわかっています。ちまたでよくある身長を伸ばす!というサプリメントなどは根拠がないため伸びればもうけものといったダメ元という気持ちで導入するならいいでしょう。

どんなにいい栄養素だとしても、そればかりに頼るというのはあまりいいことではありません。あくまで、食事のバランスが大切です。タンパク質を中心としたビタミン、ミネラルなどを積極的に摂ることです。

身長を伸ばすのに大切な3つのポイント

バランスのよい食事
十分の睡眠
適度な運動

身長を伸ばす食事

今回は特に身長を伸ばすための食事について紹介します。

身長を伸ばすのに、一番重要な栄養素はタンパク質です。タンパク質は、骨や皮膚をつくり、成長ホルモンの分泌を促します。その他、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなどが成長には重要な栄養素ですが、これらは単体で摂るのではなく食事の中でバランスよく摂ることが大切です。

特にタンパク質は、肉類に多く含まれますが、そればかりを食べるわけにもいきません。肉類はカロリーが高いので大豆に多く含まれる植物性タンパク質、肉なら脂肪の少ない赤身、鳥のムネ肉やささみなどを中心にしましょう。

とはいっても、なかなかバランスのよい食事をいつも摂ることは難しいのではないかと思います。そんなときはサプリメントに頼ることも必要です。

身長によいサプリメントについては以下で解説しています。

引用:http://xn--88j2b6lyexd292t732bpi6c3wam41c.com/supli.html

良質なサプリメントを選ぶことで、栄養素の補助ができ栄養不足で身長が伸びなかったという残念な結果を避けることができます。

サプリメントに頼るのもいいですが、まずは家庭でできる限りバランスの良い食事を目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする