ダイエットが脂肪肝を招く?

肝臓の30%以上が脂肪で占める状態になった場合、脂肪肝と診断されます。脂肪肝になると動脈硬化になりやすいほか、肝機能の低下にともない肝炎や肝硬変、肝臓がんのリスクが高まります。

肝臓はモノを言わぬ臓器ともいわれるほどで、自覚症状はほとんどなく、気づいた時には肝炎などを併発していたということも少なくありません。

脂肪肝の原因は主に、アルコールとコレステロールを多く含む食事過多と言われていますが、最近では、女性の急激なダイエットも脂肪肝の原因になるということが解明されてきました。

女性の方は注意!ダイエットが脂肪肝の原因に?

ダイエットなどによって極端な食事制限をすることでも、肝臓に脂肪がついてしまいます。

脂肪は肝臓で合成され、エネルギーとして消費されます。このときに、脂肪は肝臓から血液に送り込まれ、体のさまざまな箇所に送られますが、肝臓から血液に送り込むときに必要となるのが、タンパク質です。

つまり、体に十分なたんぱく質を備えていないと、脂肪が血液に押し出されないため、そのまま肝臓に残ってしまい、脂肪肝につながるという仕組みです。

特に、女性の場合にはダイエットに関心がある方が多く、早く痩せたいからと、単品ダイエットを繰り返す方がいますが、こうした方は、見た目が痩せていても隠れ脂肪肝の可能性があるので注意が必要です。

カロリーを極端に抑えると脂肪肝になる?

また、カロリーを極端に減らすような問題がある食事を続けていると、肝臓の機能は低下をしてしまい、脂肪を分解する機能の低下にもつながります。

こうなると、カロリーを抑えた食事を摂っていても、なかなか痩せないばかりか、見た目は細いのに内蔵脂肪がたっぷりついた体になってしまうのです。

食べ過ぎや飲み過ぎは脂肪肝にとって大敵ですが、極端に食べないことも脂肪肝の原因につながります。脂肪肝の予防で大切なのは、1日に必要なカロリーを、バランスの良い栄養素でしっかりと摂り、アルコールを控えることです。

そして、このような食生活を続ければ確実に痩せて行くので、慌てずに健康を第一に考えたダイエットを目指してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする